コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱活乾漆 ダッカツカンシツ

デジタル大辞泉の解説

だっかつ‐かんしつ〔ダツクワツ‐〕【脱活乾漆】

乾漆の一。脱乾漆。→乾漆2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だっかつかんしつ【脱活乾漆】

乾漆の一。土や石膏で原型をつくり、その上に麻布を数枚漆で塗り重ね、乾燥したのち、中の原型を抜く方法。奈良興福寺の十大弟子像や阿修羅像など天平時代の仏像に多い。脱乾漆。夾紵きようちよ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脱活乾漆の関連キーワード阿武山古墳天平時代天平彫刻阿修羅像乾漆像

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱活乾漆の関連情報