コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱燐酸化 ダツリンサンカ

デジタル大辞泉の解説

だつりんさん‐か〔ダツリンサンクワ〕【脱×燐酸化】

リン酸化されたたんぱく質からリン酸を除去する化学反応。プロテインホスファターゼによってリン酸エステル結合が加水分解され、リン酸基が脱離する。リン酸化とともに、生体内での情報伝達や酵素の活性調節などに重要な役割を果たしている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android