コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燐酸 リンサン

デジタル大辞泉の解説

りん‐さん【×燐酸】

五酸化燐を水で処理して得られる一連の酸の総称。一般にはオルト(正)燐酸をさす。無色の粒状の結晶で、水によく溶け、ふつうは水溶液をいう。強い三塩基酸。加熱によりピロ燐酸、さらにメタ燐酸になる。生体に広く分布し、骨に多い。肥料・洗剤の製造や清涼飲料・歯科用セメントなど広く利用。化学式H3PO4

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

燐酸の関連キーワードオヴァリティック燐灰土高エネルギー燐酸化合物サイクリックAMP燐酸アンモニウムアデノシン二燐酸アデノシン三燐酸燐酸カルシウムオステオライトホスホリラーゼホスファターゼペレット燐灰土燐酸コデイン重過燐酸石灰燐酸塩化作用ATPアーゼホスファゲングアニル酸礫質燐灰土燐酸質団塊過燐酸石灰

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燐酸の関連情報