燐酸(読み)りんさん

精選版 日本国語大辞典「燐酸」の解説

りん‐さん【燐酸】

〘名〙 (phosphorzuur の訳語)
① 五酸化燐が水と結合してできる酸の総称。両者の割合によって、オルト燐酸・メタ燐酸・ピロ燐酸・三燐酸がある。化学式は H3PO4 →「たんさん(炭酸)」の語誌。〔遠西医方名物考補遺(1834)〕
② オルト燐酸の通称。化学式は H3PO4 無色の結晶、または無色シロップ状の液体。潮解性があり、熱濃溶液はガラス、陶器を侵す。肥料、医薬品などに広く用いられる。
※稲熱病(1939)〈岩倉政治〉六「苗代の肥料は土質を考慮し窒素質肥料を偏施せず、適宜燐酸及び加里肥料を配合すること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「燐酸」の解説

りん‐さん【×燐酸】

五酸化燐を水で処理して得られる一連の酸の総称。一般にはオルト(正)燐酸をさす。無色の粒状の結晶で、水によく溶け、ふつうは水溶液をいう。強い三塩基酸。加熱によりピロ燐酸、さらにメタ燐酸になる。生体に広く分布し、骨に多い。肥料・洗剤の製造や清涼飲料・歯科用セメントなど広く利用。化学式H3PO4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android