コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳代謝賦活剤 のうたいしゃふかつざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳代謝賦活剤
のうたいしゃふかつざい

脳の外傷や脳梗塞,脳出血,動脈硬化症など脳血管系の病気,または脳炎の後遺症や軽い精神障害による記憶,知能の低下を防ぐ効果をもつ薬剤。脳組織への栄養物の取込み,呼吸や糖代謝の促進などの作用を通じて脳の働きを活性化する効果をもつ。代謝促進剤として塩酸メクロフェノキサートや塩酸ピリチオキシンなどがある。また,脳循環代謝改善剤にはマレイン酸シネパジド,塩酸モキシシリト,酒石酸イフェンプロジルなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

脳代謝賦活剤の関連キーワード老年期痴呆治療剤

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android