後遺症(読み)こういしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「後遺症」の解説

後遺症
こういしょう

疾病が完全に治癒していれば、ふたたび健全な日常生活を送ることができるが、病的現象は停止したが、病的状態が残っている不完全治癒の場合には、形態的あるいは機能的に欠陥を残して、種々の障害を現す。このような障害を後遺とよぶ。

 脳卒中のあとに、運動障害や言語障害を残すもの、熱傷のあとにできた瘢痕(はんこん)のため、変形したり運動障害をきたすもの、交通外傷その他の頭部外傷ののちにおこる外傷性てんかんなど、さまざまな後遺症がみられる。身体的に変形や欠損などが残ったために、精神的に悪影響を及ぼし、心理的変化をおこす場合もある。また、急性一酸化炭素中毒で、意識障害が長時間にわたった場合には、健忘症候群や情意障害を主とした多彩な神経精神症状を示し、後遺症としての人格的変化は、社会復帰を著しく困難にすることもある。

[井上義朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「後遺症」の解説

こうい‐しょう コウヰシャウ【後遺症】

〘名〙
① 病気やけがをしたとき、機能や形態がもとにもどらないで治った場合、その機能や形態の異常をいう。脳卒中での半身麻痺など。また、事故などのあと、しばらくたってから現われる障害をもいう。
※生物と無生物の間(1956)〈川喜多愛郎〉二「幸に恢復しても往々さまざまのいわゆる後遺症を残す重い病気です」
② 比喩的に、大きな事件や出来事などの、あとへ尾をひく影響。
※蒼ざめた馬を見よ(1966)〈五木寛之〉四「見てはならない世界を、あまりにも早く見すぎてしまった少年の、後遺症のようなものだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「後遺症」の解説

後遺症【こういしょう】

ある疾病,障害が治癒(ちゆ)した後に残された症状。たとえば,ポリオの後の四肢の麻痺,脳出血の後の言語障害や半身不随,交通事故などの外傷後の機能障害,特に頭部外傷後の各種神経障害など。
→関連項目胃切除後症候群

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「後遺症」の解説

こうい‐しょう〔コウヰシヤウ〕【後遺症】

病気やけがが治ったあとなお残っている機能障害などの症状。脳卒中のあとの半身不随など。
あとあとまで残る、事件や出来事の影響。「大地震の後遺症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android