腔調(読み)こうちょう

百科事典マイペディアの解説

腔調【こうちょう】

中国の劇音楽の曲調。中国語ではチアンディアオ。主として,崑腔(クンチアン),高腔(ガオチアン),バンズチアン,皮黄腔(ピーファンチアン)の四系統がある。崑腔は昆曲(クンチュイ)などに用いられる優雅な曲調(歌唱の伴奏楽器は主として笛)。高腔は川劇(チュアンジュ)などに用いられる曲調(合唱による伴唱が特徴。伴奏楽器は主として打楽器)。バンズチアンは各地の劇に用いられる豪快な曲調(伴奏楽器の一つにバンズという拍子木に似た打楽器を用いる)。皮黄腔は京劇(ジンジュ)などに用いられる曲調で,西皮腔(シーピーチアン)と二黄腔(アルファンチアン)をあわせた名称。西皮腔は北方音楽特有の7音音階,二黄腔は南方の音楽らしい穏やかな5音音階を基調とする。
→関連項目笛子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android