コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰掛(け)銀 コシカケギン

デジタル大辞泉の解説

こしかけ‐ぎん【腰掛(け)銀】

将棋で、序盤陣形の一。5筋の歩(ふ)を進めず、その上に銀将が出る形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腰掛(け)銀の言及

【将棋】より

…将棋駒を使った盤上遊戯。古文献には〈象戯〉〈象棋〉〈象棊〉と記されているが,本項では書名以外は〈将棋〉と表記した。今日,日本の将棋に類する遊びは世界各国で行われているが,おもなものに中国象棋(32枚の円い駒を使い,線上を動く),朝鮮将棋(八角形の駒32枚)があり,さらに将棋の発祥地であるインドからミャンマー,タイ,ベトナムに及ぶ東南アジア一帯でも行われている。また,ヨーロッパを中心に国際的な広がりをもっているチェス(西洋将棋)もその起源は将棋と同じである。…

※「腰掛(け)銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

腰掛(け)銀の関連キーワード将棋の用語将棋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android