序盤(読み)ジョバン

デジタル大辞泉の解説

じょ‐ばん【序盤】

囲碁・将棋で、対局開始後の、碁では布石、将棋では駒組みの段階。また、その局面。→中盤終盤
ひと続きの物事のはじめの段階。「選挙戦は序盤を迎えたばかりだ」→中盤終盤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょばん【序盤】

囲碁・将棋で、対局の初期の段階。布石・駒組みの段階。
物事のはじめの段階。はじめのうち。 → 中盤終盤

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょ‐ばん【序盤】

〘名〙
囲碁将棋で、対局の最初の段階。囲碁では布石、将棋では駒組の段階にあたる。
※可能性の文学(1946)〈織田作之助〉「端の歩を突くのは手のない時か、の駒組が一応完成しかけた時か、相手の手をうかがふ時である」
一続きの物事のはじめのころ。初期の情況。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

序盤の関連情報