腹腔穿刺(読み)ふくくうせんし(英語表記)abdominal tap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹腔内に穿刺針入して腹腔内容を採取する検査法。腹腔内出血の診断,腹水貯留の証明およびその原因となる疾患の鑑別診断,悪性腫瘍細胞診,腹水の排除などを目的として行われる。穿刺部位は,腹水の吸引がしやすく,臓器を損傷する危険のないところを選ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android