(読み)スイ

大辞林 第三版の解説

すい【膵】

膵臓すいぞう。 〔「膵」は宇田川榛斎しんさいの作った国字〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい【膵】

〘名〙 「すいぞう(膵臓)」の略。
※志都の岩屋講本(1811)下「扨(さて)また膵(スヰ)と云ふ物がある」
[語誌]膵臓は、蘭学によって知られるようになった器官で、解体新書では「大機里尓(キリール)」として説かれているが、宇田川榛斎が会意に形声を兼ねた「膵」の字を案出し、これを「西説医範提綱釈義」(一八〇五)に用いた。それ以来蘭学者の間に普及し、明治時代には医学用語として定着した。この経緯は「腺(せん)」という語及び漢字と同様である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膵の関連情報