コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍繰り金 ヘソクリガネ

デジタル大辞泉の解説

へそくり‐がね【×臍繰り金】

綜麻(へそ)を繰ってためた金の意。人間のへそと混同して「」の字を当てたもの》主婦などが、他人に知られないように少しずつためた金。へそくり

ほぞくり‐がね【×臍繰り金】

《「へそくり」の「へそ」を「臍」と解して「ほぞ」といったもの。「ほそくりがね」とも》ひそかにためた金。へそくりがね。
「二十余年に―十二貫五百目になしぬ」〈浮・永代蔵・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へそくりがね【臍繰り金】

〔綜麻へそを繰ってためた金の意で、「臍」はその当て字という〕
(主に主婦が)内職をしたり倹約したりして、内緒でためた金。ほぞくり金。

ほぞくりがね【臍繰り金】

〔「ほそくりがね」とも〕
へそくりの金。 「女心の-してやり/浮世草子・好色産毛」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臍繰り金の関連キーワード浮世草子当て字臍繰り綜麻内緒内職

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android