コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍落ち/蔕落ち ホゾオチ

デジタル大辞泉の解説

ほぞ‐おち【×臍落ち/×蔕落ち】

《古くは「ほそおち」》
へその緒が落ちること。
果実が熟して自然に落ちること。また、その果実。
機が熟すること。また、物事が成就すること。
「―するまで待ってはゐられぬ」〈浄・鎌倉実記〉
納得がいくこと。得心。
「段々の教訓に―して、一生あの里へ参るまいとの起請文」〈浮・敗毒散・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

臍落ち/蔕落ちの関連キーワードへその緒

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android