コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臑当て すねあて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臑当て
すねあて

小具足の一つ。鉄または革でつくった臑を守る武具。上古時代の埴輪にその例があり,鎌倉時代絵巻物には,三片の鉄か革を円筒状にした三枚筒臑当てがみられる。南北朝時代頃には膝頭を保護する立挙 (たてあげ) がつけられ,室町時代頃からは,細長い鉄を鎖でつないだ篠 (しの) 臑当てが用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

臑当ての関連キーワード大立挙の臑当て当世具足

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android