コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小具足 こぐそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小具足
こぐそく

甲冑に付属する防具のこと。時代によりさまざまな変遷がある。小具足が最も完備したのは室町時代で,面具喉輪肩当て襟回り,脇当て,籠手 (こて) ,佩楯 (はいだて) ,膝当てなどがある。なお鎧武者が甲冑を脱いだ,喉輪,籠手,臑当て,毛靴の姿でいるのを「小具足の出装 (いでたち) 」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こぐそく【小具足】

身体をまもるための防御兵器のうち,主要な具足である甲冑(かつちゆう)に対して,それに付属する部分品の各種をふくめて小具足という。正式な武装は甲冑と小具足によって構成されるので,《源平盛衰記》にも源義経が鷲尾経春に〈赤革威(あかがわおどし)の甲冑,小具足付けて給ひたり〉とみえている。小具足の内容は時代によって相違するが,《随兵次第》に〈小具足は黒く有るべし,殊に籠手(こて),すねあて,ほう当,黒く有るべし〉とあるように,もっぱら籠手と脛当(すねあて)を中心として,12世紀ころには面具の半頭(はつぶり),14世紀以後には頰当(ほおあて)や喉輪(のどわ),さらに脛当と草摺(くさずり)のすきまをふさぐ佩盾(はいだて)の類を総称した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こぐそく【小具足】

甲冑に付属した装具。籠手こて・佩楯はいだて・臑当すねあて・脇楯わいだて・頰当ほおあてなど。
陣中などで、のみを着用した姿。兜かぶと・鎧よろいを着ければ完全武装となる出装いでたち。小具足出装。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小具足
こぐそく

甲冑(かっちゅう)の付属具の総称。実遺例はすでに古墳出土の甲冑に認められるが、この名称は鎌倉時代以来、『吾妻鏡(あづまかがみ)』をはじめ、記録や軍記物語の記述にみえる。兜(かぶと)・胴(どう)・袖(そで)を三つ物(みつもの)といい、この3部分で一領を構成する甲冑を鎧(よろい)ととなえ、物の具(そな)わる意味をもって具足とよんだのに対し、小具足は半首(はつむり)・喉輪(のどわ)・籠手(こて)・膝鎧(ひざよろい)(佩楯(はいだて))・臑当(すねあて)などの付属具をさし、のちに頬当(ほおあて)・脇当(わきあて)などが加わった。『承久記(じょうきゅうき)』に「盛綱(もりつな)鎧ハ脱(ぬぎ)テ小具足ニ太刀計(たちばかり)帯テ」とあり、また、熱田(あつた)地蔵院所蔵『出陣影』に描かれているごとく、鎧を着ず鎧直垂(ひたたれ)に脇楯(わいだて)および小具足の武装を小具足の出立(いでたち)ととなえた。[山岸素夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小具足の関連キーワード捕手術(とりてじゅつ)半首(はつむり)籠手・小手・篭手荒木無人斎高木馬之助甲掛・甲懸浅山一伝斎武芸小伝竹内久盛堤宝山流双水執流当世具足馬淵嘉平差固めるつまやか捕手術梶原流諸賞流関口流脛当て