臙脂虫(読み)エンジムシ

大辞林 第三版の解説

えんじむし【臙脂虫】

カメムシ目の昆虫。サボテン類に寄生するカイガラムシの一種。メキシコ原産。雄ははねをもつ。雌ははねがなく、体長2ミリメートルほどの赤色卵円形で、白色の蠟ろう質に包まれる。この虫の乾燥体からはコチニールと呼ばれる色素がとられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android