コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨床化学 りんしょうかがくclinical chemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨床化学
りんしょうかがく
clinical chemistry

生体成分の定量技術とその成績を評価する臨床病理学 (臨床検査学) の一部門。健常者および患者の血液,尿などを対象とするが,これらは通常の分析化学と異なり,迅速かつ微量分析を要することが多い。そこで,検体を適切に処理し,保存し,分析するための特殊な定量法,分析機器が開発されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

臨床化学の関連キーワードレナード・アーサー ハーツェンバーグ国際計量計測用語生化学脂質薬学尿素

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android