コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨界融合頻度 りんかいゆうごうひんどcritical flicker frequency; flicker-fusion frequency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨界融合頻度
りんかいゆうごうひんど
critical flicker frequency; flicker-fusion frequency

光の明滅や遮断を一定の頻度で反復すると,その頻度が小さいときはちらつき (フリッカー) を感じ,頻度が高いと融合して持続光と同じように見えるが,このちらつきから融合に変る境界値の頻度をさす。 CFFと略称されることが多い。 CFFは光の強さや面積などによって変るが,疲労により低下するので,疲労測定法として用いられることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の臨界融合頻度の言及

【感覚】より

…例えば点滅する光を見たとき,その点滅の周期が十分短いと,もはや点滅の感覚はなく,連続した一様な明るさの光として感じられる。この現象の起こる最小の点滅頻度を臨界融合頻度critical fusion frequency(略してCFF)という。(4)感覚の感受性の変化 同じ刺激を続けて同じ受容器に与えているとき,感覚の大きさは順応によってしだいに低下していく。…

※「臨界融合頻度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨界融合頻度の関連キーワード通様相性現象視覚強縮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android