明滅(読み)めいめつ

精選版 日本国語大辞典「明滅」の解説

めい‐めつ【明滅】

〘名〙 (形動タリ) あかりがついたり消えたりすること。光がるくなったり暗くなったりすること、または、見えたり隠れたりすること。また、そのさま。
※四河入海(17C前)六「在亡と云は、あるかとすればなく、無かとすればあるを云ぞ。灯の明するを云ぞ」 〔杜甫‐北征詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「明滅」の解説

めい‐めつ【明滅】

[名](スル)あかりがついたり消えたりすること。光が明るくなったり暗くなったりすること。「ネオンが明滅する」
[類語]点滅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「明滅」の解説

【明滅】めいめつ

明るくなり、また暗くなる。唐・王維〔山中、裴秀才迪に与ふる書〕夜、子岡に登れば、水(まうすい)の淪(りんれん)、と上下し、山の火、林外に滅す。犬、吠ゆる聲(へう)の如し。

字通「明」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android