コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動調心軸受 じどうちょうしんじくうけself-aligning bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動調心軸受
じどうちょうしんじくうけ
self-aligning bearing

軸の両端の中心が若干狂ったり,軸がたわんで曲ったりしても,自動的に傾いて運転できる軸受の総称。すべり軸受 (ジャーナル軸受に多く用いられる) ところがり軸受に大別され,後者には,(1) 自動調心ころ軸受,(2) 自動調心玉軸受,(3) スラスト自動調心ころ軸受などがある。 (1) は球面状のころ (通常複列) を用いたラジアルころ軸受の一種で,通常外輪軌道面が球面状をしたもののみをさす。軸方向荷重 (スラスト荷重) を軸直径方向の荷重 (ラジアル荷重) に変えることができ,(2) よりも負荷容量が大きく,衝撃にも強く,低速・高荷重に適している。 (2) は (1) のころを玉にしたもので,通常外輪軌道面が球面になったもののみをさす。小径の玉が多数入っているが,摩擦係数は比較的小さく,若干のスラスト荷重を支えることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android