コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車NOPM法 ジドウシャノックスピーエムホウ

1件 の用語解説(自動車NOPM法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じどうしゃノックスピーエム‐ほう〔‐ハフ〕【自動車NOx・PM法】

《「自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質特定地域における総量の削減等に関する特別措置法」の略称》窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)など自動車から排出される大気汚染物質の環境基準値達成および排出削減を目的として制定された法律。平成4年(1992)に首都圏・阪神圏を対象に制定された「自動車NOx法」を改正し、削減対象物質に粒子状物質を加え、指定地域を中京圏まで拡大したもの。平成13年(2001)成立。削減対象物質の基準値・排出ガス基準を満たさない車両の運行禁止・登録規制などが規定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動車NOPM法の関連キーワード自動車排出ガス規制窒素酸化物水素自動車脱硝NOxSPM蛋白質の生物価CNG車自動車NOx・PM法と条例規制窒素酸化物総量削減法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone