コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自惚れ鏡 ウヌボレカガミ

大辞林 第三版の解説

うぬぼれかがみ【自惚れ鏡】

〔実際よりも美しく見えるからとも、うぬぼれて何度も見るところからともいう〕
日本古来の和鏡に対し、江戸時代の、ガラスに水銀を塗った洋鏡。 「所謂浄波犂じようはりの鏡は…我邦に称する-なる物是なり/洒落本・自惚鏡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android