コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自惚れ鏡(読み)ウヌボレカガミ

大辞林 第三版の解説

うぬぼれかがみ【自惚れ鏡】

〔実際よりも美しく見えるからとも、うぬぼれて何度も見るところからともいう〕
日本古来の和鏡に対し、江戸時代の、ガラスに水銀を塗った洋鏡。 「所謂浄波犂じようはりの鏡は…我邦に称する-なる物是なり/洒落本・自惚鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android