コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自殺論 じさつろんLe suicide: étude de sociologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自殺論
じさつろん
Le suicide: étude de sociologie

フランスの社会学者 É.デュルケムの著書。 1897年刊。自殺の問題を初めて社会学的に解明したもので,ここでは個人的,心理的事実に還元できない,自殺の社会的事実の存在が主として統計的手法によって証明されている。巨視的に眺めた場合,自殺の原因は従来いわれてきたように個人的なものでも人種的,自然環境的なものでもない。それはなによりも社会的なものに求められる。ここで彼は,社会からの疎外による「自己本位的自殺」,破綻的な社会変化に基づく「アノミー的自殺」,社会統合の大なることによる「集団本位的自殺」を区別した。この自殺論は,その後 A.ベイエ,C.A.A.ブロンデル,M.アルバクスらが発展させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自殺論の関連キーワードデュルケーム魚住 折蘆魚住折蘆アノミーダン

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自殺論の関連情報