コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然権と歴史 しぜんけんとれきしNatural Right and History

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然権と歴史
しぜんけんとれきし
Natural Right and History

政治哲学者 L.ストラウス著。 1953年刊。この著書で彼は価値や目的に対する問いかけを失い,ひたすら没価値的な自然科学化に奔走する現代政治学を痛烈に批判している。ストラウスによれば,究極的な価値基準であった自然法への問いを拒絶した社会科学は目的の正・不正を区別する手立てを欠いており,その意味で道具的である。そして我々はニヒリズムに陥り,そこには賭博的な決断に賭けるファシズムが待受けている。ストラウスによれば価値判断を含まない社会科学的認識はなく,人間が本来的に善を求める存在であるとすれば,共通善の実現を目指した善の客観化こそが学問の使命とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自然権と歴史の関連キーワードレオ シュトラウスシュトラウス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android