コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由大気 じゆうたいきfree atmosphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由大気
じゆうたいき
free atmosphere

大気(空気)の運動をみる場合に,地表面の摩擦や熱的影響を無視できる高度から上層の大気をいう。逆に地表面の摩擦や熱的影響を受ける 500~1000mまでの層を大気境界層という。自由大気中の大気の流れは地衡風として近似できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐たいき〔ジイウ‐〕【自由大気】

地表面との摩擦の影響を受けず、自由に動いている大気。高度1~2キロメートルから11キロメートルまでの対流圏上部にある。自由対流圏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゆうたいき【自由大気】

地表面の摩擦の影響を無視できる高さにある大気。約500~1000メートルから上の大気。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自由大気の言及

【風】より

…風圧の計測にはピトー管をつねに風に向かうように矢羽根で回転させ,速度圧を検出するダインス風圧計におけるのと同じ方法と,速度圧ではなくある特定の受圧面に働く風圧力そのものを測定する方法とがある。
【風の性質】
 地表からおよそ1km以上の上空では地表摩擦の影響がほとんどなくなるのでそれ以上の高度の大気を自由大気と呼んでいる。まずこの自由大気中の風のふるまいを考えてみよう。…

【対流圏】より

…対流圏下部は地表面に接しているので摩擦力が大きいが,対流圏上部は摩擦が少ないために大気の運動特性が違う。そこに注目して対流圏の成層を分けると,下から接地層(地面~高度約100m),エクマン境界層(高度約100m~約1km),自由大気(高度約1km~圏界面高度)の三つがある。接地層は地面摩擦が大きく,運動量や熱の乱流拡散が活発な気層,エクマン境界層はコリオリ力,気圧傾度力,地面摩擦力の三つの力がつりあって運動する気層で,これら二つの気層を大気境界層と呼ぶ。…

※「自由大気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由大気の関連キーワードテースラン・ド・ボールR. シェルハークチベット高気圧晴天乱気流衛星気象学高層気象学高層大気アスマン境界層風の息温度風

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android