コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気境界層 たいききょうかいそうatmospheric boundary layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大気境界層
たいききょうかいそう
atmospheric boundary layer

地表面の摩擦の影響を直接受ける大気層。層の厚さは昼と夜で変化する。また緯度によっても厚さが異なり,平均して高度 1kmまでの大気層をさす。エクマン層またはエクマン境界層とも呼ぶ。この大気よりさらに高い層を自由大気と呼ぶ。大気境界層は自由大気と比べて風が弱く,気温の変化が大きいのが特徴である。また,地表面から高度 100mまでの大気境界層を接地境界層と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいききょうかい‐そう〔タイキキヤウカイ‐〕【大気境界層】

地表面や海面から摩擦や熱などの影響を直接受けている大気の層。地上から高度1~2キロメートル程度までの層で、その上空自由大気と区別される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいききょうかいそう【大気境界層 atmospheric boundary layer】

地球の対流圏を大気の運動の特徴からみたとき,その鉛直構造を図1のように三つに分けることができる。地面近くになると,地面との摩擦のため空気の動きが抑えられ,風速が小さくなる。その風はまたその上の空気の動きを抑え,風速を小さくする。そのようにして地表面の摩擦の影響は上方へと及んでいく。さらに摩擦の影響は空気を激しく上下に混合し,風の乱れを生じる。乱れが生じなければ地面摩擦の及ぶ高さ,すなわち境界層高度は2mぐらいであるが,乱れが生じると数百mから数kmに及ぶことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいききょうかいそう【大気境界層】

大気の最下層で、地表面の影響を直接受けている層。摩擦層。混合層。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大気境界層
たいききょうかいそう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大気境界層の言及

【対流圏】より

…そこに注目して対流圏の成層を分けると,下から接地層(地面~高度約100m),エクマン境界層(高度約100m~約1km),自由大気(高度約1km~圏界面高度)の三つがある。接地層は地面摩擦が大きく,運動量や熱の乱流拡散が活発な気層,エクマン境界層はコリオリ力,気圧傾度力,地面摩擦力の三つの力がつりあって運動する気層で,これら二つの気層を大気境界層と呼ぶ。自由大気は摩擦力の影響が無視できるほど小さく,運動は理想流体で近似できる。…

※「大気境界層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大気境界層の関連キーワードオゾン層保護条約晴天乱気流対流混合層気象力学気温減率大気乱流混合層温度風小気候

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android