コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由研究 ジユウケンキュウ

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐けんきゅう〔ジイウケンキウ〕【自由研究】

小学校などで、主に夏休みなどの長期休暇中に生徒に与える宿題の一。自分で題目を見つけ、図書館などで調べて報告をまとめる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自由研究の言及

【クラブ活動】より

… 日本の中等教育にあっては,クラブ活動は明治後年から自主的活動として,また指導者としての資質の訓練として組織されはじめたが,1909年の〈講演会記念会運動会等監督方〉や24年の学校劇禁止の訓令に見られるように,文部省はこれに概して消極的かつ統制的であった。31年の〈自由研究〉の新設,43年の〈修練課程〉の新設によって,文部省はクラブ活動の教育課程化に着手したが,それも〈皇国民の錬成〉という当時の教育方針によるものであった。したがって,クラブ活動固有の教育的価値が正当に評価されて,教育課程化されるようになったのは,47年および51年の学習指導要領以降であるといっていい。…

※「自由研究」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由研究の関連キーワード「海とさかな」自由研究・作品コンクールインテル国際学生科学技術フェア「海とさかな」コンクール高校生科学技術チャレンジゲッティンゲン大学ローマ字教育特別教育活動よつばと!山崎いさお安井曽太郎清水 錬徳伊藤 為吉生活指導学生運動易童子問ゼムラー黒川美紅伊藤為吉小学校浅井忠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由研究の関連情報