自界(読み)じかい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 この世。現世。→他方
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・初冬遊石山寺〈釈蓮禅〉「自界難期人寿百、他生欲得仏身三」
※正法眼蔵(1231‐53)山水経「人天の自界にところをうる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる