コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自破砕岩 じはさいがんautoclastic rock

岩石学辞典の解説

自破砕岩

岩石の圧力または岩石が他の岩石の上に動いたために,粉砕されたか磨砕された鉱物で構成される岩石.例えば断層角礫岩,氷河の削摩による溝や岩石など[Grabau : 1920, Pettijohn : 1949].冷却による収縮(shrinkage)によってできる自破砕岩(autobrecciated rocks)も含まれる.例えば大規模な黒鉱鉱床の下盤の流紋岩にはしばしば見られる[隅田 : 2002].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

自破砕岩の関連キーワード岩石

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android