コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自記気象計 じききしょうけいmeteorograph

翻訳|meteorograph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自記気象計
じききしょうけい
meteorograph

気圧温度などを自動的に紙に記録する装置。気象観測遠隔測定化される 1980年代以前に用いられた。おもに時計仕掛けによって自記紙を動かし,その上に各時刻における気圧や温度等の気象要素を記録した。連続的に観測でき,夜間も人手を介さず記録されるが,自記時計の精度や自記紙の交換等,気象計の精度を保つために,日常的に保守する必要があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android