コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象要素 キショウヨウソ

大辞林 第三版の解説

きしょうようそ【気象要素】

大気の状態を表すのに必要な要素。気温・気圧・風向・風速・湿度・雲量・雲形・降水量・日射・日照など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象要素
きしょうようそ

気象を表現するためのさまざまな要素。このなかには気温、気圧、風向、風速、降水量、雲量、日射量、視程のように、それぞれ独立した要素として使われるものと、これらの要素の組合せから計算される不快指数、実効湿度などのようなものに分けられる。さらに気温や気圧などの一定期間の平均値が対象となる場合は気候要素とよばれる。
 気象要素の一つの大きな特徴は、そのほとんどすべてが、地球上に空間分布をしているということであり、この分布を二次元的に表現するためには、分布する値の等しいところを結んだ等値線(たとえば等温線とか等圧線)が用いられることが多い。
 等値線によって表現された気象要素の分布は時々刻々その形を変えてゆくが、この経過をたどるのが総観法といわれる気象学独特な方法であり、もっとも広く使われるこの具体的な形が天気図解析である。[根本順吉・青木 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

気象要素の関連キーワード無線ロボット気象計ヒートアイランド等温位面天気図イソプレットラジオゾンデ気象観測器具ロケット観測自記気象計気象注意報雷注意報気象災害気象衛星係留気球火災気象静気候学植物季節数値予報気球観測根本順吉応用気象

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android