コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵惟隆 うすき これたか

2件 の用語解説(臼杵惟隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼杵惟隆 うすき-これたか

?-? 平安時代後期の武将。
豊後(ぶんご)(大分県)臼杵荘の荘司。源頼朝の挙兵に応じて,寿永2年(1183)弟の緒方惟義(これよし)らと大宰府をせめるなど,九州の平家方を追討。平家滅亡後惟義とともに,頼朝と不和となった源義経を九州にのがれさせようとして失敗し,流罪となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

臼杵惟隆

生年:生没年不詳
平安末期の豊後国の武士。惟茂(用)の子。緒方惟栄の兄。元暦1(1184)年1月に源頼朝の弟範頼は豊後国住人臼杵二郎惟隆,同弟緒方三郎惟栄に九州渡海の船の調達を命じ,彼らは82艘の船を献じている。しかし,同年7月に弟緒方惟栄らと共に宇佐宮に乱入した罪を問われ,いったん文治1(1185)年10月に流罪が決定するが,源義経の九州下向を援助することを後白河上皇に約束し特赦された。しかし義経の九州先導に失敗,弟緒方惟栄,佐賀惟憲らと共に捕まり,配流された。なお,有名な臼杵の磨崖仏は,惟隆とその父の代を中心に造立されていったと推定されている。

(飯沼賢司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臼杵惟隆の関連キーワード西面の武士家の子郎等裹頭衆近衛府内末期豊後風土記工藤茂光平宗実平盛俊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone