コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方惟義 おがた これよし

2件 の用語解説(緒方惟義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方惟義 おがた-これよし

?-? 平安時代後期の武将。
豊後(ぶんご)(大分県)大野郡緒方荘の荘司。平重盛の家人であったが,治承(じしょう)5年(1181)源氏方につき,寿永2年平氏追討にくわわり,源範頼(のりより)の九州上陸をたすけた。本姓は臼杵。名は惟栄,惟能ともかく。通称は三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おがたこれよし【緒方惟義】

平安後期の武将。生没年不詳。惟栄,惟能とも書く。豊後大野郡の郡領大神(おおが)氏の子孫で同郡緒方荘の荘司。平氏の大宰府掌握後,平重盛と主従関係を結んだが,源頼朝挙兵後は,付近の臼杵氏,長野氏らと平氏に反して豊後国目代を追放。以後,中北九州における反平氏勢力の中核となる。1183年(寿永2),豊後国守藤原頼輔から平氏追討の院宣と国宣を受け,平氏を大宰府から追放したが,宇佐宮焼打事件で遠流。緒方氏【山口 隼正】 《平家物語》巻八〈緒環(小手巻)(おだまき)〉によると,惟義の先祖は,豊後と日向の国境,優婆(姥)岳の蛇神が里の女に通って生ませた子で大太(だいた)といわれ,夏も冬も手足に胝(あかがり)(ひび,あかぎれ)が絶えなかったので胝大太と呼ばれたとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の緒方惟義の言及

【緒方氏】より

…惟義の活躍ぶりや,緒方氏の出自に関しては,《平家物語》や《源平盛衰記》などに比較的詳しく叙述されている。緒方惟義【山口 隼正】。…

※「緒方惟義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緒方惟義の関連キーワード日観蔡倫捜神記ドラコン目連劉徽上泉秀綱雪村沈銓『荘子』

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone