舌を巻く(読み)シタヲマク

  • した
  • を 巻(ま)く
  • 舌(した)を巻・く

大辞林 第三版の解説

漢書 揚雄伝
(相手に圧倒されて)非常に驚く。感心する。 見事な采配さいはいぶりに-・く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① 相手に言いこめられたり、威圧されたりして沈黙するさまをいう。
※延喜廿一年京極御息所褒子歌合(921)「さきに仰するなむ、例忠房したをまき頭をたれて」 〔揚雄‐解嘲〕
② 驚き、恐れ、また、感嘆してことばも出ないさまをいう。舌をまろがす。
※海道記(1223頃)東国にさまよひ行く子「後悔魂をくだき閻王の断罪におののきて、前非舌をまく」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「全土の列国皆舌を巻て戦慄し」
③ 巻き舌でいう。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「都人、之字して鳶者と曰ふ〈略〉皆舌を巻て言ひ、踵を累て坐す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌を巻くの関連情報