舌を巻く(読み)したをまく

精選版 日本国語大辞典「舌を巻く」の解説

した【舌】 を 巻(ま)

① 相手に言いこめられたり、威圧されたりして沈黙するさまをいう。
※延喜廿一年京極御息所褒子歌合(921)「さきに仰するなむ、例忠房したをまき頭をたれて」 〔揚雄‐解嘲
② 驚き、恐れ、また、感嘆してことばも出ないさまをいう。舌をまろがす。
※海道記(1223頃)東国にさまよひ行く子「後悔魂をくだき閻王の断罪におののきて、前非舌をまく」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「全土の列国皆舌を巻て戦慄し」
③ 巻き舌でいう。
江戸繁昌記(1832‐36)三「都人、之字して鳶者と曰ふ〈〉皆舌を巻て言ひ、て坐す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「舌を巻く」の解説

した・く

あまりにもすぐれていて、ひどく驚く。感嘆する。「妙技に―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android