コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舘残翁 たち ざんおう

1件 の用語解説(舘残翁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舘残翁 たち-ざんおう

1867-1947 大正-昭和時代前期の郷土史家。
慶応3年7月21日生まれ。家は加賀石川郡野々市村の醸造元。大正3年大乗寺の開山(かいさん)徹通義介(てっつう-ぎかい)の骨壺が発見されたのをきっかけに,同寺と開基の守護富樫氏の研究をはじめる。「加賀大乗寺史」「富樫氏と加賀一向一揆(いっき)史料」などをあらわした。昭和22年9月12日死去。81歳。本名は八平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

舘残翁の関連キーワード小野重行上坂熊勝古賀愛子近藤淳吉原錦吾広岡宇一郎三井高堅武藤虎太八並武治山本武蔵