コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富樫氏 とがしうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富樫氏
とがしうじ

平安時代中期の鎮守府将軍藤原利仁の一流と伝えられ,加賀国石川郡富樫郷に住した豪族。室町時代初期,加賀守護に任じ,以後栄えたが,室町時代中期に家督争いから成春,泰高に分裂しそれぞれ半国守護となる。成春の子政親は一向一揆と戦って敗れ,泰高も国人に攻められ,富樫氏は滅亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

富樫氏【とがしうじ】

中世後期の加賀国守護家。〈とがせ〉ともいう。加賀富樫荘(現金沢市)を本拠とする。15世紀初頭一時守護職を斯波氏に奪われ,還付後に守護職は二分され,家督争いで分裂抗争した。
→関連項目斎藤氏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とがしうじ【富樫氏】

〈とがせ〉ともいう。中世後期の加賀守護家。鎮守府将軍藤原利仁を祖とする林氏の庶流。平安時代末までに在庁官人として勢力を築き,富樫荘を本拠とする。館は野々市。林氏が木曾義仲とともに没落した後,鎌倉御家人として勢力を拡大。泰家は,奥州へ逃亡する源義経を安宅関で阻んだ人物として著名。家春,泰明は鎌倉末期に北条氏に従って活躍し,この時期以降,富樫氏の歴史は,伝説から史料の時代をむかえる。高家は1335年(建武2)初めて加賀守護職に補任される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富樫氏
とがしうじ

「とがせ」とも称す。室町時代の加賀守護家。鎮守府将軍利仁(としひと)を祖とする林氏の庶流。加賀国石川郡富樫庄(しょう)(金沢市)を本拠とし、平安時代末までに在庁官人(ざいちょうかんじん)富樫介(とがしのすけ)として勢力を築く。林氏が木曽義仲(きそよしなか)とともに没落したのち、勢力を拡大。泰家(やすいえ)は、源義経(みなもとのよしつね)を安宅(あたか)ノ関で阻んだ人物として著名。建武新政(けんむのしんせい)から観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)の時期にかけて終始足利尊氏(あしかがたかうじ)・義詮(よしあきら)勢として活躍。1335年(建武2)高家が初めて加賀守護の地位についた。外様(とざま)守護家たる富樫氏は、その地位の確保のため、将軍に近侍し、中央の政争・政変に巻き込まれていった。守護職はその後一時斯波(しば)氏へ渡り、15世紀初頭に還付され、満成(みつなり)と満春(みつはる)とに分けられた。嘉吉(かきつ)の乱(1441)後、教家(のりいえ)・成春(なりはる)勢と泰高(やすたか)勢とが、さらに応仁(おうにん)・文明(ぶんめい)の乱時には、政親(まさちか)勢と幸千代(こうちよ)勢とが一向衆を巻き込んで、国内を二分して戦った。その間一時赤松(あかまつ)氏が半国守護に補任(ぶにん)されもした。
 加賀には幕府財政を支える料所や五山(ござん)系荘園(しょうえん)が多い。その存在は国内支配権強化の壁となった。内紛・外征の軍費は一般荘園に集中的に課せられ、長享一揆(ちょうきょういっき)(1488)の一因となり、政親は高尾城(たこうじょう)で自害した。政親没後、守護職は泰高(やすたか)、稙泰(たねやす)へと継承されたが、16世紀初期から在国奉公衆と化し、その後歴史の表面から姿を消した。[金龍 静]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富樫氏の言及

【応仁・文明の乱】より

…室町時代末期にあたる1467‐77年(応仁1‐文明9)に京都を中心に全国的規模で展開された内乱。この乱では,東軍(細川勝元方)と西軍(山名持豊(宗全)方)に分かれて,全国各地ではげしい合戦が展開され,中央の状況だけではなく各地の政治的状況が反映していた。
【原因】

[家督争い]
 乱の原因は複雑な要素からなっていたが,その中でも表面だった要因の一つに,有力守護家内部における家督争いと,有力守護大名間の対立があげられる。…

【加賀国】より

…鎌倉期の荘郷地頭のほとんどは得宗家,名越氏,結城氏,摂津氏などの東国御家人であり,とくに承久の乱後に新補された外来地頭がめだっている。承久の乱後,地元領主のなかで有力化したのは加賀斎藤一門の富樫(とがし)氏であるが,鎌倉期には守護職入手の機会は得られなかった。鎌倉末期の流通経済の支配者は,守護北条氏や有力地元領主富樫氏よりもむしろ白山宮加賀馬場本宮であり,特産の紺布,酒,油などの流通機能は本宮衆徒が掌握していた。…

【富樫氏】より

…泰家は,奥州へ逃亡する源義経を安宅関で阻んだ人物として著名。家春,泰明は鎌倉末期に北条氏に従って活躍し,この時期以降,富樫氏の歴史は,伝説から史料の時代をむかえる。高家は1335年(建武2)初めて加賀守護職に補任される。…

※「富樫氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富樫氏の関連キーワード大乗寺(石川県)応仁・文明の乱野々市[町]石川(県)松任[市]徹通義介野々市市富樫泰高舘 残翁織豊政権富樫政親官地論津幡城舘残翁高尾城等春斯波