コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹通義介 てっつうぎかい

5件 の用語解説(徹通義介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徹通義介
てっつうぎかい

[生]承久1(1219)
[没]延慶2(1309)
鎌倉時代曹洞宗の僧。越前の出身。 13歳のときに出家し,最初は比叡山に学んだが,のちに仁治2 (1241) 年に興聖寺の道元に師事し参禅した。正元1 (59) 年に宋に留学して4年後に帰国し,文永4 (67) 年に永平寺第3世となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徹通義介 てっつう-ぎかい

1219-1309 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)7年2月2日生まれ。曹洞(そうとう)宗。懐鑑(えかん)について出家。仁治(にんじ)2年道元に入門。道元没後懐奘(えじょう)より法をついだ。正元(しょうげん)元年宋(そう)(中国)にわたる。永平寺3世。延慶(えんきょう)2年9月14日死去。91歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。法名は別に義鑑。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徹通義介

没年:延慶2.9.14(1309.10.18)
生年:承久1.2.2(1219.2.18)
鎌倉時代の曹洞宗の禅僧。永平寺の第3世。義鑑,義价ともいう。越前(福井県)の藤原氏(富樫氏か)の出身。越前波著寺の懐鑑について出家し,日本達磨宗を学んだが,仁治2(1241)年に懐鑑と共に京都深草の興聖寺の道元に投じた。道元の北越入山で永平寺に従い,道元亡きあと,孤雲懐奘の法を嗣いだ。京都,鎌倉の禅寺を視察後,正元1(1259)年に入宋,4年間に南宋禅林を見聞して『大宋名藍図』を伝える。文永4(1267)年に永平寺に住したが,一時,養母堂に退隠し,永仁1(1293)年に加賀(石川県)大乗寺に迎えられた。弟子に瑩山紹瑾を出し,今日の曹洞宗の源流をなした。『御遺言記録』を残した。<参考文献>『永平寺史』上

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てっつうぎかい【徹通義介】

1219‐1309(承久1‐延慶2)
鎌倉時代の曹洞宗の僧。越前国(福井県)に生まれた。13歳のとき波著(はぢやく)寺の懐鑑(えかん)について得度,比叡山にのぼって天台学を修めたが,1241年(仁治2)懐鑑とともに京都興聖寺の道元の門に投じ,曹洞禅を学んだ。道元に従って永平寺に移ってからは,典座(てんぞ),監寺(かんす)などを歴任。道元没後はその高弟孤雲懐奘(えじよう)に参じ,彼の法を継いだ。59年(正元1)入宋し,天童山や径山(きんざん)を歴訪,叢林の規矩を学び,また伽藍を図録した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徹通義介
てっつうぎかい
(1219―1309)

鎌倉時代の曹洞(そうとう)宗の僧。越前(えちぜん)(福井県)稲津の人。13歳で達磨(だるま)宗波著寺(はじゃくじ)の懐鑒(えかん)に就(つ)いて出家、1241年(仁治2)宇治興聖(こうしょう)寺の道元(どうげん)に帰投(きとう)し、道元が越前永平寺に移るに従い、典座(てんぞ)、監寺(かんす)などを勤めた。道元の寂後は孤雲懐弉(こうんえじょう)に参じて法を嗣(つ)ぎ、京・鎌倉の五山や中国の径山(きんざん)・天童山などの諸刹(しょさつ)を見聞した。帰朝後、永平寺の伽藍(がらん)整備に努め、永平寺3世となる。懐弉の寂後、永平寺の内紛に際して加賀(石川県)大乗寺に移って開山となる。延慶(えんけい)2年9月14日示寂。弟子に曹洞宗発展の基礎を築いた瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)がいる。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徹通義介の関連キーワード回天慧杲丹羽廉芳紹瑾別源円旨十三門派曹洞宗の大本山福井県吉田郡永平寺町志比青蔭雪鴻義雲寂円

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone