コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹通義介 てっつうぎかい

5件 の用語解説(徹通義介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徹通義介
てっつうぎかい

[生]承久1(1219)
[没]延慶2(1309)
鎌倉時代曹洞宗の僧。越前の出身。 13歳のときに出家し,最初は比叡山に学んだが,のちに仁治2 (1241) 年に興聖寺の道元に師事し参禅した。正元1 (59) 年に宋に留学して4年後に帰国し,文永4 (67) 年に永平寺第3世となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徹通義介 てっつう-ぎかい

1219-1309 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)7年2月2日生まれ。曹洞(そうとう)宗。懐鑑(えかん)について出家。仁治(にんじ)2年道元に入門。道元没後懐奘(えじょう)より法をついだ。正元(しょうげん)元年宋(そう)(中国)にわたる。永平寺3世。延慶(えんきょう)2年9月14日死去。91歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。法名は別に義鑑。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徹通義介

没年:延慶2.9.14(1309.10.18)
生年:承久1.2.2(1219.2.18)
鎌倉時代の曹洞宗の禅僧。永平寺の第3世。義鑑,義价ともいう。越前(福井県)の藤原氏(富樫氏か)の出身。越前波著寺の懐鑑について出家し,日本達磨宗を学んだが,仁治2(1241)年に懐鑑と共に京都深草の興聖寺の道元に投じた。道元の北越入山で永平寺に従い,道元亡きあと,孤雲懐奘の法を嗣いだ。京都,鎌倉の禅寺を視察後,正元1(1259)年に入宋,4年間に南宋禅林を見聞して『大宋名藍図』を伝える。文永4(1267)年に永平寺に住したが,一時,養母堂に退隠し,永仁1(1293)年に加賀(石川県)大乗寺に迎えられた。弟子に瑩山紹瑾を出し,今日の曹洞宗の源流をなした。『御遺言記録』を残した。<参考文献>『永平寺史』上

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てっつうぎかい【徹通義介】

1219‐1309(承久1‐延慶2)
鎌倉時代の曹洞宗の僧。越前国(福井県)に生まれた。13歳のとき波著(はぢやく)寺の懐鑑(えかん)について得度,比叡山にのぼって天台学を修めたが,1241年(仁治2)懐鑑とともに京都興聖寺の道元の門に投じ,曹洞禅を学んだ。道元に従って永平寺に移ってからは,典座(てんぞ),監寺(かんす)などを歴任。道元没後はその高弟孤雲懐奘(えじよう)に参じ,彼の法を継いだ。59年(正元1)入宋し,天童山や径山(きんざん)を歴訪,叢林の規矩を学び,また伽藍を図録した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徹通義介
てっつうぎかい
(1219―1309)

鎌倉時代の曹洞(そうとう)宗の僧。越前(えちぜん)(福井県)稲津の人。13歳で達磨(だるま)宗波著寺(はじゃくじ)の懐鑒(えかん)に就(つ)いて出家、1241年(仁治2)宇治興聖(こうしょう)寺の道元(どうげん)に帰投(きとう)し、道元が越前永平寺に移るに従い、典座(てんぞ)、監寺(かんす)などを勤めた。道元の寂後は孤雲懐弉(こうんえじょう)に参じて法を嗣(つ)ぎ、京・鎌倉の五山や中国の径山(きんざん)・天童山などの諸刹(しょさつ)を見聞した。帰朝後、永平寺の伽藍(がらん)整備に努め、永平寺3世となる。懐弉の寂後、永平寺の内紛に際して加賀(石川県)大乗寺に移って開山となる。延慶(えんけい)2年9月14日示寂。弟子に曹洞宗発展の基礎を築いた瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)がいる。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

徹通義介の関連キーワード承久阿野時元公暁二階堂行光源実朝源頼茂公暁建保ホームレスと自立西鉄宮地岳線

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone