舜慶(読み)しゅんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舜慶 しゅんけい

?-? 南北朝時代の仏師。
奈良の椿井(つばい)仏所に所属。永和元=天授元年(1375)師の慶秀とともに法隆寺護摩堂の弘法(こうぼう)大師坐像を制作。ほかに同寺の不動明王像の両脇侍像をつくり,絵殿の聖徳太子像の修理にあたった。号は民部公。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android