大河(読み)タイガ

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐が【大河】

[1] 〘名〙 (古くは「だいが」) 大きな河。幅の広い、長さの長大な川。おおかわ。
※本朝文粋(1060頃)一二・富士山記〈都良香〉「遂成大河、其流寒暑水旱、無盈縮
※俳諧・蕪村句集(1784)夏「さみたれや大河を前に家二軒」 〔戦国策‐斉策〕
[2] 中国の黄河の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報