コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御水 ミモイ

デジタル大辞泉の解説

み‐もい〔‐もひ〕【水】

《「もい」は、元来、水をいれる器の意》水。
「飛鳥井は、―も寒し、とほめたるこそをかしけれ」〈・一六八〉

お‐みず〔‐みづ〕【御水】

水を丁寧にいう語。また、神事・仏事などに用いられる水。「御水取り
俗に、水商売や、水商売で生計を立てる人のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みもい【御水】

〔「もい」は水を入れる器〕
水の美称。 「 -も寒し御秣みまくさもよし/催馬楽」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御水の関連キーワード神宮寺(福井県)自動周波数制御近藤 浩一路奈良県奈良市小浜(市)若狭彦神社1月25日入江泰吉辰巳用水徳川和子催馬楽修二会東大寺飛鳥井御水取二月堂仏事懺法呪師美称

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御水の関連情報