コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空機衝突防止装置 こうくうきしょうとつぼうしそうち airborne collision avoidance system

1件 の用語解説(航空機衝突防止装置の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

航空機衝突防止装置

航空機同士の空中衝突や、ニアミス(異常接近)の危険と回避動作をパイロット知らせる装置。米国ではTCAS(traffic alert and collision avoidance system)という。計器飛行方式で飛行する航空機ATCトランスポンダーを搭載しているので、その発信電波を利用して危険を解析する。相互の飛行機に上昇と降下による回避を指示するのがTCAS‐II、より多くの情報を処理して左右方向への回避指示機能も有するのがTCAS‐III。国内でのニアミス発生が小型機に多いのを受けて、小型機用に開発された廉価版がTCAD(traffic and collision alerting device)。危険を知らせるが、回避動作はパイロットの判断で行われる

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空機衝突防止装置の関連キーワード空中査察制空権ニアミス航空機関士航空輸送TCASアミノ酸異常雫石町上空での空中衝突事故イータ中間子イータプライム中間子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空機衝突防止装置の関連情報