降下(読み)こうか

精選版 日本国語大辞典「降下」の解説

こう‐か カウ‥【降下】

〘名〙
① 高い位置から下へさがること。高い所からおりること。また、高い位置からさげること。
※舎密開宗(1837‐47)内「酸化の度卑き硫酸銕〈略〉は青酸加理に和して白澱を降下す」
※土(1910)〈長塚節〉一七「温度のしんしんと降下しつつあるのを」
② 降服すること。陥落。〔漢語字類(1869)〕〔淮南子‐兵略訓〕
③ 天皇などから臣下に命令が出されること。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉大正十年歳晩記「内閣組織の大命が昨夜忝くも降下したが」

ふり‐くだ・る【降下】

〘自ラ四〙 空から雨やなどが降る。
※浄業和讚(995‐1335)中「またかのほとけの国土には つねに天の楽をなす 昼夜六時に微妙の 曼陀羅華ふりくだる」

おり‐くだ・る【降下】

〘自ラ四〙
① 高い所から低い所へ移動する。
※観智院本三宝絵(984)中「、屋の上よりおりくたる」
② 都から地方へ行く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「降下」の解説

こう‐か〔カウ‐〕【降下】

[名](スル)
高い所から低い所へおりること。また、高かったものが低くなること。「パラシュート降下する」「気温が降下する」
命令などが、高い地位の人からくだること。「大命降下
[類語]下がる落ちる落ち込む沈む下降沈下低下低落下落陥る落っこちる下降する落下する落馬する落輪する脱輪する墜落する失墜する滑落する転落する崩落する滑り落ちる転げ落ちる崩れ落ちる零れ落ちる零れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android