船引運河(読み)ふなびきうんが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船引運河
ふなびきうんが

島根県隠岐(おき)諸島島前(どうぜん)西ノ島にある水路。島のほぼ中央の船越地区の地峡部につくられ、船越運河ともいう。内湾の浦郷(うらごう)湾と北部の日本海を結ぶ最短ルートで、長さ約336メートル、幅約9メートル。かつては地峡部を人力で船を引いていたが、1915年(大正4)地峡部を掘削し通船が可能になり、1964年(昭和39)さらに大改修された。菱浦(ひしうら)港や浦郷港から国賀(くにが)海岸に至る観光遊覧船の航路に利用されている。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android