コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船引運河 ふなびきうんが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船引運河
ふなびきうんが

船越運河」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船引運河
ふなびきうんが

島根県隠岐(おき)諸島島前(どうぜん)西ノ島にある水路。島のほぼ中央の船越地区の地峡部につくられ、船越運河ともいう。内湾の浦郷(うらごう)湾と北部の日本海を結ぶ最短ルートで、長さ約336メートル、幅約9メートル。かつては地峡部を人力で船を引いていたが、1915年(大正4)地峡部を掘削し通船が可能になり、1964年(昭和39)さらに大改修された。菱浦(ひしうら)港や浦郷港から国賀(くにが)海岸に至る観光遊覧船の航路に利用されている。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android