浦郷(読み)うらごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦郷
うらごう

島根県隠岐諸島,島前にある西ノ島町の中心集落。旧町名。 1957年黒木村と合体して西ノ島町となる。島後の西郷と並ぶ隠岐の二大漁港町で,機船巾着網漁業の根拠地として,また漁船の避難港として知られる。浦郷湾は船越運河で外海と結ばれ,北西部にある国賀海岸 (名勝・天然記念物) への門戸となっている。七類,境港 (鳥取県) から隠岐汽船の定期便がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の浦郷の言及

【西ノ島[町]】より

…外海側には集落は一つあるのみで,37kmにおよぶ海食断崖が連続する。水産業が基幹産業で,浦郷漁港を拠点に水揚高は県下第3位。浦郷には県栽培漁業センターがある。…

※「浦郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦郷の関連情報