コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船形埴輪 ふながたはにわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船形埴輪
ふながたはにわ

大阪市平野区長吉,大和川北岸の沖積地にある長原遺跡は,複合遺跡で,遺跡内には多数の古墳があり,1987年の調査で1号墳・2号墳 (5世紀前半の円墳) 周溝より船形埴輪 (はにわ) が出土した。1号墳出土の船形埴輪は,丸木舟の舟底に舷側板を追加した準構造船 (縫合船) をかたどり,底部2ヵ所に台座を造り付けて,西都原古墳群出土埴輪に似る。2号墳出土埴輪は,全長 128.5cm,国内出土の船形埴輪中最大。丸太を刳 (く) り抜いた船底部と上部の二重構造を立体的に表現,船首・船尾ともに船底端部が衝角状に突出する。類似の埴輪は,大阪府菩提池西遺跡,京都府ニゴレ古墳からも出土しており,韓国湖林美術館蔵の船形形象土器もこれに近い構造を示す。また大阪府久宝寺南遺跡で出土した準構造船 (3世紀後半) と酷似する。これらは初期の準構造船の実態を知る好資料で,不明な点が多い刳船から構造船への過渡期の様相を明らかにした。 89年には2号墳埴輪をもとに準構造船を復原,韓国への渡航実験を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

船形埴輪の関連キーワード松阪市文化財センター はにわ館宮崎県立西都原考古博物館宝塚古墳〈三重県〉三重(県)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船形埴輪の関連情報