コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船曳西河 ふなびき せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船曳西河 ふなびき-せいか

?-? 江戸時代中期-後期の医師。
播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩儒赤松蘭室の4男。播磨三日月藩医船曳文陽(ぶんよう)の養子となり,藩校広業館の教授,藩医をつとめた。名は騏。字(あざな)は其徳。通称は騏三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android