船曳西河(読み)ふなびき せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船曳西河 ふなびき-せいか

?-? 江戸時代中期-後期の医師。
播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩儒赤松蘭室の4男。播磨三日月藩医船曳文陽(ぶんよう)の養子となり,藩校広業館の教授,藩医をつとめた。名は騏。字(あざな)は其徳。通称は騏三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android