コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂 あかほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤穂
あかほ

長野県南部,伊那盆地の中央にある駒ヶ根市の中心市街地。旧町名。明治初年赤須と上穂 (うわぶ) の2集落が合併したときに生れた地名で,1940年赤穂町となり,54年駒ヶ根市誕生の中核となった。国道 153号線 (三州街道) に沿う商店街は,都市計画により近代化された。第2次世界大戦前は製糸業の一中心であった。木工業,果樹の食品加工,金属,電機部品などの工場が多い。西方の駒ヶ岳への登山,観光拠点でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あこう〔あかほ〕【赤穂】

兵庫県南西端の市。千種(ちくさ)川河口にある。もと浅野・森氏の城下町赤穂義士ゆかりの史跡が多い。赤穂塩の産地。人口5.1万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

赤穂

 兵庫県の市で、忠臣蔵[ちゅうしんぐら]の赤穂浪士[あこうろうし]で有名。江戸時代の塩の一大生産地で、全国でも最大の生産量をほこっていました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

あこう【赤穂】

兵庫県南西部、播磨灘はりまなだに面する市。近世、浅野氏入封後、製塩業が盛んになった。浅野氏断絶後、森氏の城下町。現在、播磨臨海工業地域の一部。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤穂
あかほ

長野県駒ヶ根(こまがね)市の一地区。旧赤穂町。伊那(いな)盆地にあり、明治初年に天竜川に近い赤須(あかず)と、木曽(きそ)山脈に近い三州街道の宿場である上穂(うわぶ)が合併して赤穂村となり、駒ヶ根市成立の中核となった。名刹(めいさつ)光前(こうぜん)寺がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤穂の言及

【駒ヶ根[市]】より

…長野県南部,伊那盆地にある市。1954年赤穂(あかほ)町,宮田町,中沢村,伊那村が合体,市制。56年旧宮田町が宮田村として分離した。…

※「赤穂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤穂の関連情報