コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂 あかほ

5件 の用語解説(赤穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤穂
あかほ

長野県南部,伊那盆地の中央にある駒ヶ根市の中心市街地。旧町名。明治初年赤須と上穂 (うわぶ) の2集落が合併したときに生れた地名で,1940年赤穂町となり,54年駒ヶ根市誕生の中核となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あこう〔あかほ〕【赤穂】

兵庫県南西端の市。千種(ちくさ)川河口にある。もと浅野・森氏の城下町赤穂義士ゆかりの史跡が多い。赤穂塩の産地。人口5.1万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

赤穂

 兵庫県の市で、忠臣蔵[ちゅうしんぐら]の赤穂浪士[あこうろうし]で有名。江戸時代の塩の一大生産地で、全国でも最大の生産量をほこっていました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あこう【赤穂】

兵庫県南西部、播磨灘はりまなだに面する市。近世、浅野氏入封後、製塩業が盛んになった。浅野氏断絶後、森氏の城下町。現在、播磨臨海工業地域の一部。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤穂
あかほ

長野県駒ヶ根(こまがね)市の一地区。旧赤穂町。伊那(いな)盆地にあり、明治初年に天竜川に近い赤須(あかず)と、木曽(きそ)山脈に近い三州街道の宿場である上穂(うわぶ)が合併して赤穂村となり、駒ヶ根市成立の中核となった。名刹(めいさつ)光前(こうぜん)寺がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤穂の言及

【駒ヶ根[市]】より

…長野県南部,伊那盆地にある市。1954年赤穂(あかほ)町,宮田町,中沢村,伊那村が合体,市制。56年旧宮田町が宮田村として分離した。…

※「赤穂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤穂の関連キーワード兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市浦兵庫県豊岡市小島兵庫県篠山市川原兵庫県神戸市兵庫区切戸町兵庫県豊岡市祥雲寺兵庫県淡路市多賀兵庫県西宮市高松町兵庫県神戸市兵庫区兵庫町兵庫県赤穂市御崎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤穂の関連情報