コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船絵馬 ふなえま

大辞林 第三版の解説

ふなえま【船絵馬】

近世初期以降、海上安全を祈願して船主や船頭が社寺に奉納する自船の姿を描いた絵馬。江戸後期には、大坂に出現した専門の絵馬屋の製品が全国に奉納されるようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の船絵馬の言及

【絵馬】より

…その画題は馬の図,神仏の像を描いた図,神仏を象徴する持物などを描いた図,神仏に縁故の深い眷属(けんぞく)などを描いた図,神仏の依代(よりしろ)・祭場・祭具などを描いた図,祈願内容を描いた図,礼拝姿を描いた図,干支を描いた図などがあり,そこには庶民の祈願の様相が具体的にあらわれている。 なお,日本の大絵馬のなかに,航海安全祈願あるいは海難救助の御礼に奉納した船絵馬がある。自分の船を画面の中央に描き,上に航海守護神である船霊様の像や金毘羅神の御幣を描いたものであるが,これと同じ図柄の奉納画がヨーロッパにもみられる。…

※「船絵馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

船絵馬の関連キーワード輪島市黒島天領北前船資料館中条(新潟県の地名)西村太郎右衛門胎内市絵馬屋社寺船主船頭大坂海上絵馬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船絵馬の関連情報