良口(読み)よいくち

精選版 日本国語大辞典「良口」の解説

よい【良】 口(くち)

(「よき(くち)」とも) 口先のうまいこと。また、そのさま。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)三「こちから小粒をうしなはするやうな仕懸じゃさればいの又よい口な者があって」

よき【良】 口(くち)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android