良口(読み)よいくち

精選版 日本国語大辞典「良口」の解説

よい【良】 口(くち)

(「よき(くち)」とも) 口先のうまいこと。また、そのさま。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)三「こちから小粒をうしなはするやうな仕懸じゃさればいの又よい口な者があって」

よき【良】 口(くち)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android