色仕掛(読み)いろじかけ

精選版 日本国語大辞典「色仕掛」の解説

いろ‐じかけ【色仕掛】

〘名〙 異性の気をひくために色っぽい手段を用いて誘惑したりだましたりすること。また、その手段。色とり。
※浄瑠璃・仮名写安土問答(1780)「コハ存じがけなやと上座に進むる春長の礼義の。面に色仕かけ。喰違ふたる口紅粉の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「色仕掛」の解説

いろ‐じかけ【色仕掛(け)】

ある目的を達成するために、情を利用して異性をだましたり、誘惑したりすること。「色仕掛けで承知させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android