コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼義 レイギ

デジタル大辞泉の解説

れい‐ぎ【礼義】

礼と。また、人のふみ行うべきの道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいぎ【礼義】

礼と義。人のふみ行うべき規律。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の礼義の言及

【義】より

…ことがらの妥当性をいう。儒教では五常(仁義礼智信)のひとつとして重視され,しばしば〈仁義〉〈礼義〉と熟して使われるが,対他的,社会的行為がある一定の準則にかなっていることをいう。《礼記(らいき)》礼運篇では人の義として,父の慈,子の孝,兄の良,弟の弟(てい)(目上の者に対する従順さ),夫の義,婦の聴(聴き従う),長の恵,幼の順,君の仁,臣の忠の十義を列挙する。…

※「礼義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

礼義の関連キーワード大行は細謹を顧みず道(思想)新生活運動士道要論元亨利貞糸瓜の皮性悪説詰開き杭世駿五常楽荀子四維自他花香弁名規律

礼義の関連情報